講座レポート

「田舎暮らしを知る、楽しむ(30)」長野県木曽町「開田高原ヘルスツーリズム」出張講座

2018/05/14 (月) 13:05
「田舎暮らしを知る、楽しむ(30)」長野県木曽町「開田高原ヘルスツーリズム」出張講座

 5月10日、長野県木曽町から観光商工課吉村係長、木曽おんたけ観光局須藤部長、木曽おんたけ健康ラボ中島マネジャーが、新たに開発された「開田高原ヘルスツーリズム」事業を中心に、木曽町の状況、PRなどを紹介されました。
 冒頭、15年近く「木曽町と名古屋との二住滞在」の体験談を会員さんが話し、続いて、中島マネジャーが「ヘルスツーリズム効用とその内容」を説明し、会場で簡易ストレッチ運動を指導。休憩後、「御嶽山の現状・火山状況安全対策等」を吉村係長が、「日本遺産木曽路」をはじめ、木曽町のPR、御嶽山噴火復旧支援事業「御嶽山水のリレー」の協力依頼を須藤部長が話されました。
 参加者は、各種資料のほかに御嶽山水ペットボトルとヒノキ5角箸などのお土産をいただきました。
 講座後、「ヘルスツーリズムは目新しく興味が沸いた」「木曽馬と歩いたり、ボルダリングなど健康志向の良いプログラムのようだ」「中身の濃いセミナーでした」などの声が多く聞かれました。

 本講座に続いて、7月、木曽おんたけ観光局主催のイベント「開田高原ヘルスツーリズム」が会員さん向けに企画されています。6月中旬に会員さんへお届けしますローズ倶楽部の「イベント・講座案内紙」で、詳しくご案内しています。