OH!ドラゴンズ一覧

公正証書遺言

 自筆証書遺言と並び作成されるのが公正証書遺言です。公証役場で証人二人(以上)の同席のもと、公証人が遺言者から遺言の内容を聞き取って作成します。   公証役場で保管    長文の遺言を自分で書くのは大変な労力を要します。書き方を誤ったり、内容が特定できなかったりすると無効に...
詳細はこちら

手軽に作成できる自筆証書遺言

 法律上有効な遺言を作成するには、民法のルールに従う必要があり、いくつもの方式が定められています。通常利用されるのは自筆証書遺言と公正証書遺言。今回は自筆証書遺言について説明します。  自筆証書遺言は、全文と日付、自分の氏名を自筆し、印を押して有効になります。手間も費用もかけずに手軽に作成...
詳細はこちら

遺言を作るメリット

 自分の死後、財産を誰に渡すか事前に決めておく時に作成するのが遺言。生きている間に財産をどう使うかは自由なのと同じように、財産を渡す相手を自由に決めることができます。   身内以外にも引き継げる  遺言を残していなければ、財産は親族などの法定相続人が相続し、それ以外の人は引き継げ...
詳細はこちら

遺産相続トラブルを避ける〈下〉

親の相続でのトラブル  親の遺産相続で兄弟姉妹が争う事例をよく見かけます。表向きは財産の取り合いですが、プライドをかけた意地のぶつかり合い。こうした感情対立の末にあるのは関係の断絶です。結婚などのお祝い事でも連絡しない、ご先祖さまの法事も行わない…といった事態になることも。  親の...
詳細はこちら

遺産相続トラブルを避ける〈上〉

もめる原因は感情  遺産分割で家族間の争いになるケースが増えています。いったんもめ事が起きると、相続人が感情的に対立し、絶交になることも珍しくありません。自分が死んだ後に残された家族がバラバラになってしまうのは悲しいですね。どうすればそのような事態を避けることができるのでしょうか。  な...
詳細はこちら

エンディングノート

エンディングノートを作る  エンディングノートは、自分が亡くなったり判断力を失ったときに備えて、自身の財産や葬儀など希望を書き留めておくものです。これは遺言のように法的な効力が発生するものではなく、ただの覚え書きなので様式も内容も自由。手持ちの手帳やノートに書き留めても構いません。 &nbs...
詳細はこちら